私たちはこんな活動を行っています
<春日部市放課後児童クラブ父母会連絡会について>

「保育料を安くしてほしい」
「指導員の研修機会を増やして」
「洗濯機を設置して欲しい」
「運営費の内訳を公表して」
春日部市の放課後児童クラブでは、国や県の「ガイドライン」を満たしていない項目がたくさんあります。
その他にも、指導員の不足や研修機会の不足、保育時間や設備への要望など、充実させてほしい事がたくさんあります。
連絡会では、父母の皆さんの意見を集めて、行政に対して要望を提出しています。



<緊急事態>
春日部市の放課後児童クラブは、1998年に公設化され、すべての小学校内(一部学校隣接)に設置されて、現在までに22年を経過しています。20年間にわたり運営を任されたのは、春日部市福祉公社と、その業務を引き継いだ春日部市社会福祉協議会(以下、社協)。
いずれも社会福祉法人・・・非営利団体です。
しかし、2018年に行われた公募により、新たに株式会社トライグループ(以下、トライ)が指定を受け、
2019年度からトライによる運営がスタートしました。ところが、トライの運営では、それまで社協に課せられてきた「常勤支援員の配置基準」を満たしておらず、人手不足により保育の質が確保できない状況が続いています。更に、春日部市はこの状況を追認し、「常勤支援員の欠員は生じていない」として、改善への努力を行っていません。
私たちはこの問題を「保育の危機」ととらえ、トライによる運営の不備を訴え続けています。

参考資料
 ・社協からトライへ、運営が変わった経緯と、常勤支援員欠員の実態
 ・住民監査請求の提出、更なる追及へ

HOME
 (連絡会について)


放課後児童クラブ
 (学童保育)について


春日部市の
 放課後児童クラブ


活動報告&議事録


連絡会ニュース

関連ニュース&話題

学童保育関連例規集

活動予定

掲示板

リンク

お問合せ


春日部市放課後児童クラブ父母会連絡会