<NEW>
(解説)春日部市における「放課後児童クラブの欠員解消」その嘘とからくり

市からの回答に対し、再質問を提出しました。
「10月1日付け回答書に対する再質問と要望」
抗議文に対する回答が来ました。
「放課後児童クラブに関する回答書」
10月1日、我々が提出した抗議文に対する回答が、保育課から送られてきました。
現状の指導員の欠員状態を認めず、新たに「シフト支援員」という定義を持ち出して「欠員では無い」とする無理矢理な内容です。現実には常勤とパートさんの勤務体制は全く違うのに、それを全て「常勤」と扱ってしまい、欠員は解消したと断じています。このままでは、人数が足りていない中で必死に頑張っている常勤指導員の苦労が報われません。


市への抗議文を提出しました。
「放課後児童クラブ常勤支援員の欠員に対する抗議文」
8月2日朝、5クラブの父母が参加して上記の抗議文を保育課に持参し、神谷次長に手渡しました。6月に実施した第1回代表者会議において、参加クラブの父母からは常勤支援員が不足している現状が次々訴えられました。しかし市は、これまでとは違う基準を持ち出し、「常勤支援員は適正に配置されている」として、欠員の事実を認めていません。「保育の質は下げない」と言いながら、欠員で大変な思いをしている支援員の現状を顧みない市の対応は放置するわけにはいきません。
抗議文は同日、全市議会議員へも送付しました。


各ブロックの協定書をアップしました。

Aブロック  Bブロック  Cブロック


「新たな指定先による運営に関する要望書」提出
春日部市議会審議 社協の「勘違い」によってトライに決定?(11月28日)
自治労連主催の「激励会」と街頭宣伝活動(11月23日)
16522筆の署名を市に提出(11月20日)
八木崎小のフェスタで父母が署名集め(11月10日)
指導員が街頭で抗議のアピール(11月7〜9)

署名へのご協力をお願いいたします!

父母会連絡会では、指導員組合と連名で、私たちの学童保育を守るための署名活動を行う事になりました。
広く皆様のご署名をいただき、学度保育の質を落とさない様、子どもたちの豊かな放課後生活を守れる様、市に訴えていきたいと思います。どうか皆様のご協力をお願いいたします。

署名用紙
署名回収期間:2018年11月13日まで


春日部市放課後児童クラブ
指定管理者募集要項


Aブロック Bブロック Cブロック 協定書


<緊急報告!>

大変な事になりました!
社協が、来年度からの指定先公募に応募しませんでした。
来年度からの春日部市の学童運営はどうなってしまうのでしょうか?

「連絡会ニュース 号外」
「指定管理先公募結果に関する見解」



私たちはこんな活動を行っています
<春日部市放課後児童クラブ父母会連絡会について>

<市への要望書を作成>

「保育料を安くしてほしい」
「指導員の研修機会を増やして」
「洗濯機を設置して欲しい」
「運営費の内訳を公表して」
春日部市の放課後児童クラブでは、国の「ガイドライン」や県の「運営基準」を満たしていない項目がたくさんあります。
その他にも、指導員の不足や研修機会の不足、保育時間や設備への要望など、充実させてほしい事がたくさんあります。
連絡会では、父母の皆さんの意見を集めて毎年要望書を作成、提出しています。

<親同士、児童クラブ間の情報交換>

「こんな行事で盛り上がった」
「学校との間で行き違いが・・・」
「指導員とうまくやってる?」
充実した保育には指導員と父母のコミュニケーションがとても大切。でも時にはトラブルも。
マニュアルでは解決しきれない様々な問題も、みんなで話し合い、考え合う事で少しずつ解決に向かうはず・・・。
学童保育での日常をみんなで共有し合い、子どもたちにより良い生活環境を作ってあげたいと思います。

<学童保育関連情報の収集と父母への提供>

・「子ども・子育て支援新システム」がスタート(H27)
・「草加の指導員給与は春日部より上。研修機会も充実」
・「久喜市では高学年になると保育料が安くなる」
・各種研修会や講演などの情報
学童保育を巡る環境は変化し、市町村によってもまちまち。
「知らない」ために機会を失ってしまう事も多いのです。
連絡会では、事務局が各種情報を収集し、父母の皆様に提供しています。


.

HOME
 (連絡会について)


放課後児童クラブ
 (学童保育)について


春日部市の
 放課後児童クラブ


活動報告&議事録


連絡会ニュース

関連ニュース&話題

学童保育関連例規集

活動予定

掲示板

リンク

お問合せ


春日部市放課後児童クラブ父母会連絡会